人気ブログランキング |

セブンイレブン 裸の王様 世間周知の 国保税横領

281029 #読売から抜粋 逮捕歴ネット削除認めず #caranke #未完成の考察

281029 #読売から抜粋 逮捕歴ネット削除認めず #caranke #未完成の考察
「振り込め 公共の関心事」 東京地裁判決 
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長

□平成28年10月29日判決言渡し  #IRAC のCについての考察。
「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。(読売のみ記載。他の5紙には記載無し)
***以下は資料***
▼281029 #読売全文 逮捕歴ネット削除認めず 「振り込め 公共の関心事」 東京地裁判決
http://ameblo.jp/bml4557/entry-12217228953.html

▼281107 #産経 3面 インターネット検索サイトをめぐる主な司法判断
http://imgur.com/vVsU1Db

*************************

281029 #読売抜粋 逮捕歴ネット削除認めず 「振り込め 公共の関心事」 東京地裁判決 
□平成28年10月29日判決言渡し  #IRAC のCについての考察。
「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。(読売のみ記載。他の5紙には記載無し)

*****

インターネット検索サイト「グーグル」で氏名などを検索すると、振り込め詐欺の逮捕歴に関する記述が表示されるのは人格権の侵害だとし
て、会社経営の男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。

岡崎克彦裁判長(鈴木尚久裁判長代読)は「振り込め詐欺は公共の関心事で、検索結果の表示には一定の意義や必要性がある」と述べた。男性側は控訴する方針。

判決によると、男性は10年以上前、振り込め詐欺事件で引き出し役のリーダー格として逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。その後もグーグル上で逮捕歴などを含んだ検索結果が表示されるため、「社会生活が破壊される恐れがある」として提訴していた。

判決は「削除の可否は、事件の意義や削除請求者の社会的影響力などを総合考慮し、表現の自由や国民の知る権利も踏まえて決めるべきだ」と指摘。

その上で、振り込め詐欺など特殊詐欺の被害が現在も深刻なことや、男性が現在、社会に一定の影響を与える会社経営者の地位にあることなどから「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。

米グーグルの話「知る権利と情報へのアクセスを尊重した判断だ」

******************
▼判決理由=「削除の可否は、事件の意義や削除請求者の社会的影響力などを総合考慮し、表現の自由や国民の知る権利も踏まえて決めるべきだ」
▼IRACのC、「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。

書かれている判決理由には賛成だ。
しかし、書かれた理由より、書かれなかった理由にこそ、真実は宿れり。
では、書かれていない理由とは何か。

高裁判例に従っただけだ。結論を決めて、理由は後から考える裁判官だ。
平成26年(ワ)第24336号 国家賠償請求事件 という私の裁判では、真逆の

<詐話師の手口>
初期条件の記載を飛ばすこと。飛ばして代わりに、「ほのめかす」ことで、詐話師に都合の内容を思い込ませること。

「ほのめかし表現」を使用することで、ミスディレクションを与えること。客観的根拠を明示しないで、思い込ませる。
具体的表現=(・・と思われる)(・・と言われている)の部分を省略す。
(・・ならば、・・・だ)は記載するが、(・・でないならば、・・・ではない)を記載しないで省略する。

********************
<2種類の異なる感覚を、大小比較できることの証明が必要である>
「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」を数式で表現すると以下の通り。
「検索結果が表示されなくなる不利益」>「男性が被る不利益」
上記表現が成立するためには、前提条件の証明が必要だ。

<「不利益」という表現を使って、「¥換算できる」ように思いこませている>
*************
<定量化換算表の明示の必要性>
「定性的な表現」では大小の比較はできないこと。
大小の比較を行うには、「定量的な表現」にする必要があること。
「定量的な表現」とは、「数字表現」することであること。

「定性的な表現内容」を、「定量的な表現」に変換するための手順(定量化)。

****Snを計算する手順****
<「検索結果が表示されなくなる不利益」の算定について>
まず 「検索結果が表示されなくなる不利益」とは、各「検索結果が表示されなくなる不利益」の総和であること。
Sn=S1∔S2∔S3∔S4∔・・・∔Si∔・・・∔Sn

次に、各「検索結果が表示されなくなる不利益」の算定方法について。
Siの数値表現についての手順。定量化換算表

S(基準値)=1の決定
「検索結果が表示されなくなる不利益」についての「基準値=1」の定義の決定。

各「検索結果が表示されなくなる不利益」の算定
i=Si/S(基準値)

最後に、Snを計算する。
****Ln(Sn)と同様の手順が必要***

<「男性が被る不利益」の算定について>
まず 「男性が被る不利益」とは、各「男性が被る不利益」の総和であること。
Ln=L1∔L2∔L3∔L4∔・・・∔L i∔・・・∔Ln

次に、各「男性が被る不利益」の算定方法について。
L iの数値表現についての手順。定量化換算表

L基準値)=1の決定
「男性が被る不利益」についての「基準値=1」の定義の決定。

各「男性が被る不利益」の算定
i=L i/ L (基準値)

最後に、L nを計算める。

****rateの定義***
前提条件=2種類の異なる感覚を、大小比較できることの証明が成立していること。

SnとLnの交換レートの定義(ドル円レートに相当する)が必要であること。
Snを絶対値に換算する。Lnも絶対値に換算する。
絶対値(Sn)と絶対値(Ln)を使って、大小の比較を行う方法。
直接、一方の値に換算して、大小の比較を行う方法。
以下はSn「検索結果が表示されなくなる不利益」に換算するrateを使う。
換算レートの定義 k=S(基準値)/L(基準値)とする。
Sn=k×Ln

★換算レートの定義」 k値の証明が必要だ。


**********************
「検索結果が表示されなくなる不利益」
「男性が被る不利益」


▼論理矛盾=「定性的とは、定量表現ができないもの」。

定性的表現のものを、比較する時は、定量表現に直さなくては出来ない。

定性表現のものを、定量表現するためには、<定性―定量変換>ルールが必要だ。
<定性―定量変換>ルールは、定量化換算表が必要だ。
この表の定義を作成することが重要だ。
この表の明示を飛ばしての、大小の比較はインチキだ。

<逆裏対偶で考える>
「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」



*******************************

インターネット検索サイト「グーグル」で氏名などを検索すると、振り込め詐欺の逮捕歴に関する記述が表示されるのは人格権の侵害だとし
て、会社経営の男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。

岡崎克彦裁判長(鈴木尚久裁判長代読)は「振り込め詐欺は公共の関心事で、検索結果の表示には一定の意義や必要性がある」と述べた。男性側は控訴する方針。

判決によると、男性は10年以上前、振り込め詐欺事件で引き出し役のリーダー格として逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。その後もグーグル上で逮捕歴などを含んだ検索結果が表示されるため、「社会生活が破壊される恐れがある」として提訴していた。

判決は「削除の可否は、事件の意義や削除請求者の社会的影響力などを総合考慮し、表現の自由や国民の知る権利も踏まえて決めるべきだ」と指摘。

その上で、振り込め詐欺など特殊詐欺の被害が現在も深刻なことや、男性が現在、社会に一定の影響を与える会社経営者の地位にあることなどから「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。

米グーグルの話「知る権利と情報へのアクセスを尊重した判断だ」


********
281029 #読売から抜粋 逮捕歴ネット削除認めず #caranke #未完成の考察
「振り込め 公共の関心事」 東京地裁判決 
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長



by marius52 | 2016-11-17 20:19

二重取りされた 国保税の 回収のための広報です
by marius52
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

画像一覧