セブンイレブン 裸の王様 世間周知の 国保税横領

281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 (上)新聞6紙

281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 (上)新聞6紙
産経・朝日・読売の記事
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長
#IRAC #caranke

**************
281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 産経新聞
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長
#IRAC #caranke

281029 #産経 28面 グーグル検索で逮捕歴、削除請求棄却 東京地裁 
過去に振り込め詐欺で有罪判決を受けた東京都内の会社社長の男性が、名前と居住地でインターネット検索すると逮捕の事実を記したページが表示されるとして、米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長(鈴木尚久裁判長代読)は「逮捕事実を低コストで知られるようにしておくことには公益性がある」として請求を棄却した。

判決によると、男性は現金引き出し役のリーダー格で、10年以上前に逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。判決は「社会的に強い関心を集めた事件で、猶予期間の満了から5年程度しか経過しておらず、公共の関心が薄れたとはいえない。取引先が信用調査の一環として知ることは正当な関心事だ」と判断。「検索結果を見た知人が交流を敬遠することも予想される」と男性の不利益も認めた上で、受け入れるべきだとした。

検索結果の削除をめぐっては、さいたま地裁が昨年12月の仮処分決定で、一定期間が経過すれば犯罪歴を社会から「忘れられる権利」があるとして削除を認めたが、高裁が覆すなど司法判断が割れている。

▼▼
埼玉地裁は、「忘れられる権利」を認めた。しかし、東京高裁は、覆した。
東京地裁の岡崎克彦裁判長は、高裁判断に追随した。岡崎克彦裁判長が、割り当てられたということは、高裁判決の追随判決を出させるためだ。

***************************
281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 朝日新聞
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長
#IRAC #caranke

281029 #朝日37面 逮捕歴の検索結果「表示 公共性ある」 東京地裁 削除の訴え退ける

グーグルの検索結果で過去の逮捕歴が分かるとして、会社経営の男性が検索結果の削除を求めた訴訟で、東京地裁(岡崎克彦裁判長)は28日、「検索結果の表示には公共性がある」と判断し、男性の訴えを退けた。

判決によると、男性は10年以上前に振り込め詐欺の容疑で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。

この日の判決は、男性が引き出し役のリーダー格であったことなどから、「執行猶予期間後5年程度しかたっておらず、公共の関心も薄れたとはいえない」と指摘。
男性が会社社長という「社会に一定の影響を与える地位」にあり、「取引先などが信用調査の一環として犯罪事実を知ることは正当な関心事だ」として、現段階では男性は情報を公表されることを受け入れるべきだ、と判断した。

一方で判決は、執行猶予期間の終了から5年以上経過し、新しい社会生活を送っていることから、男性に「更生を妨げられない利益がある」とも述べた。
男性の代理人弁護士は「検索結果の表示自体が、更生を妨げられない利益を害すると認めたことは評価できるものの、結論は不当で控訴したい」と話した。(塩入彩)

************************
281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 読売新聞
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長
#IRAC #caranke

281029 #読売 37面 逮捕歴ネット削除認めず 「振り込め 公共の関心事」 東京地裁判決 

インターネット検索サイト「グーグル」で氏名などを検索すると、振り込め詐欺の逮捕歴に関する記述が表示されるのは人格権の侵害だとして、会社経営の男性が米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。
岡崎克彦裁判長(鈴木尚久裁判長代読)は「振り込め詐欺は公共の関心事で、検索結果の表示には一定の意義や必要性がある」と述べた。男性側は控訴する方針。

 判決によると、男性は10年以上前、振り込め詐欺事件で引き出し役のリーダー格として逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた。その後もグーグル上で逮捕歴などを含んだ検索結果が表示されるため、「社会生活が破壊される恐れがある」として提訴していた。
判決は「削除の可否は、事件の意義や削除請求者の社会的影響力などを総合考慮し、表現の自由や国民の知る権利も踏まえて決めるべきだ」と指摘。その上で、振り込め詐欺など特殊詐欺の被害が現在も深刻なことや、男性が現在、社会に一定の影響を与える会社経営者の地位にあることなどから「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。

 米グーグルの話「知る権利と情報へのアクセスを尊重した判断だ」

▼IRACのC、「検索結果が表示されなくなる不利益の方が、男性が被る不利益よりも大きい」と結論付けた。

*************************
281028 #岡崎克彦 裁判長の判決言渡し 請求棄却 (上)新聞6紙
産経・朝日・読売の記事
平成27年(ワ)第35544号 検索結果削除申立て事件 岡崎克彦裁判長
#IRAC #caranke



by marius52 | 2016-11-07 16:15

二重取りされた 国保税の 回収のための広報です
by marius52
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

送付版 NN 310305 ..
at 2019-03-04 16:47
画像版 NN 310314日..
at 2019-03-02 22:01
K 310127 問合せ確認..
at 2019-01-29 23:11
資料 SS 武蔵野市HPから..
at 2019-01-26 03:57
310115_1907 #..
at 2019-01-15 20:25

ファン

ブログジャンル

画像一覧